FREEexなう。

宮崎駿

2014年06月20日


宮崎駿監督、最後の長編映画『風立ちぬ』のBlu-ray/DVD版がついに発売されました。アカデミー賞にもノミネートされた同作品ですが、内容については賛否が分かれています。
「感動はしたけど、何だかよくわからないところも多くて、モヤモヤする」、そんな風に思った人も多いのでは?
はたして宮崎駿監督は、この作品で何を描こうとしたのでしょう?

続きを読む



otakingex at 07:00コメント│ この記事をクリップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2013年09月18日

「宮崎駿監督は、なぜ引退すると宣言したのか?」
「宮崎駿監督にとって、アニメとは何だったのか?」
「これからスタジオジブリはどうなるのか?」

9月2日の「ニコ生岡田斗司夫ゼミ9月号」で、岡田が語り尽くした50分がKindle版電子書籍(価格:99円)になりました。


続きを読む



otakingex at 21:00コメント│ この記事をクリップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2013年08月22日

毎日新聞20130808_01『風立ちぬ』を見た僕らの感動は何かというと罪悪感。自分の中にも同じような自分勝手な二郎がいるから。だから感動するんです。自分勝手な奈緒子もいるんです。
 そういう「恐ろしい映画」であるなあ、と思って2回目見に行って欲しいですね。1回目感動して、感動が何か分からなかった人はある種残酷で恐ろしくて美しい映画。美しいということは残酷なんです

続きを読む



otakingex at 07:00コメント│ この記事をクリップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2013年08月14日

岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る。電子版 [Kindle版] アニメを「読む」ということは、どういうことなのか?

 “たった”二時間の中に凝縮された“何千時間”という思想,心理,技術を岡田斗司夫が一時間で紐解く。これを読めば『風立ちぬ』の面白さに気がつけます。

 里見菜穂子さんの狡猾さ、堀越二郎君の非情さ、宮崎駿監督のこだわり。あなたのアニメの見方を100%変える。 文字でじっくり読みたい方は是非ご購入ください。


続きを読むから試し読みができます。

続きを読む



otakingex at 07:00コメント│ この記事をクリップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2013年07月23日

風立ちぬこれまでの宮崎駿の映画って、どれを見ても、正直、最後に出てくるセリフがしゃらくさい。それはもう『カリオストロの城』から、『ラピュタ』から、『ナウシカ』まで。

「あなたの心です」とか、「人は大地を離れて生きていけないの?」とか、「そのもの蒼き衣を纏い」とか、あるじゃないですか? 最後でみなさん、「はい?」って思いませんでした?

続きを読む



otakingex at 19:00コメント│ この記事をクリップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote