FREEexなう。

2016年09月15日

【DMMラウンジ通信】岡田斗司夫の映像講義・前編

DMMラウンジでは、岡田斗司夫主催のレアイベントがあります。
それは岡田斗司夫の解説による映像講義!
岡田斗司夫のまるごと映像解説を聞けるのです。


ふだん、ニコ生でも映画の解説の回がありますが
まるごと映像解説、というわけにはいきません。

時間の制約もありますし、それ以外に喋らなきゃいけないことも。
ですので、「解説」に特化したイベントはとても貴重です!

8月の映像解説は「バック・トゥー・ザ・フューチャー」でした。

あらかじめ告知されていたので、事前に予習して挑みます
冒頭に映し出される小物の数々。

それらひとつひとつに意味があるのだと、すべて解説されます。
ひとりで見ていたら、ふつうに流してしまう場面です。

やがてレイバンをかけた主人公が映し出されるものの、その素顔はまだ見せず。
彼が身につけていたレイバンにも、顔を隠していることにもちゃんと意味があるそうです。

このあたりですでに、体が前のめりになってしまうおもしろさ。

やがて、街に出た主人公を取り囲むセットが『グレムリン』とまるっきり同じ
ということが語られます。
これは『グレムリン』も見たくなります!

すでに目が離せませんが、まだ映画は始まったばかり。
ストーリーも、まだまだこれからなのです。
今回のラウンジ通信は、後編に続きます。



DMMラウンジ『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』のお申し込みはこちら
https://goo.gl/PNPSC2

☆お申し込み頂くと、岡田斗司夫の映像解説をご覧いただけます☆

ぜひDMMラウンジにご入会ください!






otakingex at 07:00コメント│ この記事をクリップ!

コメント一覧(新規コメント投稿は、上のFacebookソーシャルプラグインをお使いください)