FREEexなう。

2016年07月22日

このアニメは誰が作ったんや?

週刊アスキー「岡田斗司夫の ま、金ならあるし」。
2010年の記事再録です。

◆岡田斗司夫の母vs税務署(15)

(1)からの一気読みはこちら http://goo.gl/L10s6c

 暑かった夏、熱狂のSF大会は終わり、膨大な借金に困り果てた僕たちは、オープニングアニメを、わずか5分間のアニメを一万円以上で売ることにした。

 数日もしないうちに現金書留が届きだした。二通、三通と増えてゆき、ついには毎日数十通、届くようになる。
 アニメに否定的だった両親の態度は目に見えて変わった。別に両親が守銭奴だったわけではない。「自分たちにはわからないけど、価値を感じる人が多数いる」という証拠をはっきり認めたわけだ。
 
 まず、父が動いた。
「斗司夫、このアニメは誰が作ったんや?」
 家をスタジオに使わせてもらい、金まで貸してもらった手前、黙ってるわけにもいかない。仕方なく「庵野、赤井、山賀の3人」と答える。
「その3人は、それぞれ何をしたんや?」
「作画全体は庵野くん、女の子は赤井君、演出は山賀くん」と答えた。

 父はしばらく考えて言った。
「その3人は、おまえにとって宝や。絶対に手放すな」
 あまりの余計なお世話に、僕は返事もできなかった。実行委員長の武田さんの母親は「友達は大事にしろ」といつも武田さんに言っている。しかし僕の父は「才能のある奴は大事にしろ」ときたもんだ!
 そう、父は才能のある人に目がなかった。売れない芸術家の作品をよく買っていた。奈良の彫刻師が一刀彫りで彫った実物大の鹿を買ったりしていた。後にその作家は人間国宝に指定されたと喜んでいた。

 父は自分が見込んだ才能に興味を持ったようだ。今度は三人を監視しはじめた。アニメ制作が終わって二ヶ月経っても、なぜか三人ともうちに住んでいたので、監視は簡単だった。
「庵野くんは酒ばかり飲んでる。あかん。やめといた方がええ」
父の会社が展示会に出品する時に山賀君に巨大な油絵を発注して「時間がかかるばっかりや。山賀君とは手を切れ」と言ってみたりもした。

 ついには母も監視に加わった。
「赤井君はイヤなことがあると毛布かぶって寝てしまう。人間的に弱い子はここぞというときに逃げるから、手を切った方がいい」
 ええ加減にしてくれ!と僕が怒ると、今度は僕が留守中に庵野くんを酒に誘い、取り調べを開始した。
「君はどれくらい才能があるんや?」という失礼きわまりない質問から、
「アニメを仕事にして、やっていけるんか?」
「斗司夫は、この世界に向いてると思うか?」
「君は斗司夫の右腕になってくれ」等々、すごい質問のオンパレードだ。

 いっそ死んでしまった方がマシ、というくらい恥ずかしかった。なぜそんな誘いについて行ったのか?と詰め寄ると「タダ酒が飲めるからです」と、庵野君は胸を張って答えた。

 その後、赤井君が誘われているというのをきいて、全力で止めたのは言うまでもない。
 すっかり長くなってしまった。両親と税務署の戦い、続きはまたの機会に語ろう。次回から新シリーズで!

*********************************************
この記事についての考察・感想は、“ほぼ”毎日更新しているオンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室』で問答しています。
みなさんの参加、お待ちしています!
         ↓
https://lounge.dmm.com/detail/103/ 






コメント一覧(新規コメント投稿は、上のFacebookソーシャルプラグインをお使いください)