FREEexなう。

2014年11月10日

お客の来ない喫茶店を流行らせるには?

ズバッと明日は、岡田斗司夫の最新著作『頭の回転が速い人の話し方』から、ハイライトをお届けします。 
質問は・・・

---------------------------
お客の来ない喫茶店を流行らせるには?
---------------------------
です。

【質問】
お客の来ない喫茶店を流行らせるには?


 【回答】
  僕が戦闘思考力の活用例としていつも説明するのは、「お客の来ない喫茶店はどうすれば売上がアップするのか?」という質問に答えるという事例です。
  いきなり具体的な解決法を答えてしまってはいけません。
  この問いを、思考ゲームとして楽しむのが大切です。
  この例で僕が考えたの方向性は次の3つです。

 (1) 多様性:やることをいろいろ増やす
 (2) 多方向性:方向をいろいろ変える
 (3) 懐疑:疑う

 |やり方をいろいろ増やす
  多様性というのは何かというと、たとえば、「喫茶店の売上が落ちているけれど、どうすればいい?」と聞かれたら、「メニューを増やしてみたら?」というのが最初に考えることですね。
  これは「今やっていることを増やす」です。

  アイスコーヒーとホットコーヒーを出しているんだったら、「じゃあ上にアイスクリームでも乗っけてみたら?」とか、「カフェオレをメニューに増やしてみたら?」とか。あるいは、トーストを出しているんだったら、「チーズを乗っけてチーズトーストをやってみたら?」とか。ランチの売上を伸ばそうと思ったら、「もっとランチメニューを増やしてみたら?」とか。
  平凡に見えますが、相手が「うちの店ではそんなことできっこない」と思いこんでいるときには、案外有効なときもあります…



この続きを読みたい人は、いますぐココで登録を!
http://archive.mag2.com/0001148694/index.html
毎朝、岡田斗司夫から『解決ズバッと』メルマガが届きます。 

「どうしても答えてほしい!」というご質問がある場合は、有料メルマガ 『必ず解決!ズバッと』(月額200円)にお申込みの上、専用フォームにてご質問ください。
少し時間がかかる場合もありますが、岡田斗司夫が必ずお答えいたします!




otakingex at 12:00コメント│ この記事をクリップ!
毎日メルマガ 

コメント一覧(新規コメント投稿は、上のFacebookソーシャルプラグインをお使いください)