FREEexなう。

2014年02月27日

【前編】「雛人形は滅びる文化ですか?」

ズバッと岡田斗司夫が毎朝、みんなからの質問・相談にお答えしています。
明日の質問は・・・

---------------------------
【前編】「雛人形は滅びる文化ですか?」
---------------------------
です。

【質問】
 雛人形、市松人形を作っています。
 社会科見学に来る人は職人技術には興味を持ってくれますが、雛人形や市松人形を見ると「置く場所がない、出すのが面倒」や「怖い、髪の毛が伸びる」と言います。
 時代に合わせて、小さいサイズの雛人形やスーパードルフィのような市松人形を作ったりしていますが、雛人形や市松人形は、いつか滅びるべき文化なのでしょうか?


 【回答】
  僕らの家には、雛人形をもう置いてないよね。
 「滅びるべき」と言ってしまうと、「滅んだ方が良い」とか「滅ばないのは間違いだ」というニュアンスがあるので、「べき」とは思わない。でも、「滅びて仕方がない」とは思うよね。

  僕たちは一言で、"文化"って言ってる。でも文化は、物語・模倣・合理性に分けられる。いろいろなものがないと、文化は継承されない…



この続きを読みたい人は、いますぐココで登録を!
http://archive.mag2.com/0001148694/index.html
毎朝、岡田斗司夫から『解決ズバッと』メルマガが届きます。 

「どうしても答えてほしい!」というご質問がある場合は、有料メルマガ 『必ず解決!ズバッと』(月額200円)にお申込みの上、専用フォームにてご質問ください。
少し時間がかかる場合もありますが、岡田斗司夫が必ずお答えいたします!




otakingex at 12:00コメント│ この記事をクリップ!
毎日メルマガ 

コメント一覧(新規コメント投稿は、上のFacebookソーシャルプラグインをお使いください)