FREEexなう。

2013年12月16日

岡田斗司夫の近未来日記 284回「モテる戦略」

「モテる」ってなんでしょう?

  先日、FREEexの定例会後の打ち上げ飲み会で、僕のテーブルで大論争になりました。

 「好きな人に、好かれること」
 「いわゆる千人斬り。セックスしまくり」
 「いつでも付き合う女に不自由してない状態」
 「2~3人の女が僕を奪い合い」
 「好きじゃないタイプにモテても仕方ない」

  こんな感じの意見が代表的なパターンかな?

 2013/12/24・31日合併号掲載


2013y12m10d_131252127「モテ」の定義は男女によっても、年齢層によっても違います。

  でも、僕はちょっと違う考えをしています。「恋愛戦略」がない人にとっての「モテ」は、単なる現象論です。

 「モテてる奴がうらやましい」 「私にもモテてる時代があった」 「モテる奴は、こういうことを努力している」

  でも、僕の考える「モテ」は現象ではなく「戦略の結果」「数値化できる成果」です。

  意識的にしてるとか、生まれつきのルックスとか関係なく「モテる戦略行動」の結果が「モテという数値」に現れる。

  ・・・と、こう考えてるんですよね。

  これって「お金」と似ています。

  稼ぐ発想のない人にとってのお金は「現象論」です。
・もっとお金が欲しい。
・足りない。
・もっとあったら、これが買える。あれができる。
・転職したらお金が増えるだろうか?

  こういう考えは、「カネをどう使い、どう増やすのか」という発想に欠けています。お金を目的達成の道具ではなく、目的そのものと考えてしまっている。

しかし、経済戦略のある人にとってお金は「道具」です。 「いま〇円ある。これを使えば▲円という利益が期待できる。では投資を始めよう」

  同様に、「モテ戦略」のある人にとっては、モテは「道具」です。

 「いま、これぐらいモテる。このモテを使えば、自分のモテ指数をさらに増やすことができる。では投資を始めよう」

  つまり戦略のない人にとっての「モテる」というのは、「お金があったらなにに使おうか?」という発想と同じく「消え物」なんです。

  好きなタイプの異性と付き合うために「モテ」が欲しいだけであって、付き合えればモテは必要なくなるし消えてしまう。

  でも、モテ戦略を意識してる人にとって、いま異性と付き合う理由は「さらにモテるための通過点」に過ぎません。

 「よりモテるために、いまの手持ちのモテがいかに少なかろうと、増やすために投資する」

 これが「恋愛戦略」の基本です。

  もう少し考えてみましょう。


<<前回、「いつまでもリバウンドしてると思うなよ」4はこちら


週間アスキーの連載が電子書籍になりました。
電子書籍リーダーが無くても
スマートフォン(iPhone・Android)でご覧いただけます。 

1巻2巻3巻4巻


***********************************************************
岡田斗司夫のSNS『クラウドシティ』では、この連載をはじめ、すべての連載やインタビューが連載前から読めます。
バックナンバーもそろっています。
クラウドシティ入会者 随時募集中
価格:月額 882円 / 年額 10,500円
動画・音声・テキスト・電子書籍:岡田斗司夫コンテンツアーカイブ見放題

詳細はこちら お申込みはこちら




コメント一覧(新規コメント投稿は、上のFacebookソーシャルプラグインをお使いください)