FREEexなう。

2013年03月04日

【告知】3/24(日)名古屋 オタキング真骨頂!ガンダム第1話「ガンダム大地に立つ!!」を語るトークライブ開催

774986_491711954200393_1254657996_o「ど、どうする?コクピットだけを狙えるのか?」

「今度ザクを爆発させたら、サイド7の空気がなくなっちゃう」

機内に核融合炉をそなえるモビルスーツ
3.11を過ぎ今を生きる私達
当時判らなかったヒリツクような怖さを感じます。

目からうろこ。
今までの価値観を揺さぶられ
なんとなく感じていたことを、ずばり言語化される。
そんな、岡田斗司夫の映像解説をご覧になったことありますか?

古くはNHKアニメ夜話での解説に始まり、
参加した皆さんが感嘆の声をあげる「カリオストロの城OP」、ジブリ最高傑作「On Your Mark」
最近ではニコ生での「不思議の海のナディア」第1話、「エヴァンゲリオン」第1~3話の解説がありました。

オタキング岡田斗司夫の真骨頂
みなさんおまちかねの
ファーストガンダム第1話「ガンダム大地に立つ!!」を要所要所のカットごとに具体的に解説するというトークライブイベントを、ガンダム発信の地、ここ名古屋:オタクの街大須で開催します

僕達のスタンダート。ファーストガンダムの第1話。
そこに込められた富野監督の思いを読み解くことで、いままでより数段深い映像の見方を教えます。
いままでより100倍かっこいいガンダム論を語れる必見のトークイベントです。

____________________________

ガンダムだけで1時間半
 
機動戦士ガンダムというのは何なのか、という少し濃いめの塾をやります。
機動戦士ガンダムのまるまるTV版の映像を見せながらぼくが話すということをやるんです。

前々からやりたかったんですよね。
5秒毎に停めてこれが何かというやつで
何かというのは、
何を写しているかということと、
何がやりたかったのかということ。
何を目指してたのかということを
ちゃんと話したいんです。

で、よく裏話みたいなものってでてくるんですけども
何を狙ってこういう構図になったのかとか
どこが当時革新的で新しかったのかという
秒単位の分析というのを見たことがないんです。
それをちゃんとやりたい。

というガンダム塾を二部構成で1時間半やって、
その後はですね来た人がグループごとに分かれてこうだったというディスカッション大会をやりたい。

かなりきっちりとした塾になると思います、将来ガンダム研究で、学問的にやってみたい人、一回でいいから心いくまで語ってみたいという濃い人もそうですし、あとはこれに一回出るとガンダムを見たことがなくてもものすごく見たような口が叩けると思うので入門用にも割といいと思います。

僕はマニアックな話というのが不得意なので入門者向けにはブレイクダウンできると思います。

2013年3月4日 ニコ生岡田斗司夫ゼミ3月号より

■3月に東京、大阪でも開催予定。決まり次第お知らせ致します。 
____________________________

日時:3月24日(日)

    16:30 開場 
    17:00 第1部 岡田斗司夫によるトークライブ「ガンダム塾」
    18:30 第2部 岡田スクールR もっとガンダムについて話したい!
           そんなあなたの為のグループディスカッション・タイム           
          19:30  終了
    
場所:グッドウィルEDM本店 5F イベントフロアー
    名古屋市中区大須3丁目12-35
    地下鉄鶴舞線「上前津」8番出口徒歩5分
    地図 http://goo.gl/maps/4xlQ5

定員:80名

参加料金
第1部のみ 3,000円 
第1&2部 4,000円
 有料SNSクラウドシティ市民:2,000円(3/10値段変更)
 岡田スクールR登録者:3500円
 確認のため市民ID・または登録カードをお持ち下さい。
 
 当日スクールR(リアル塾)登録を希望される方は、別途500~1,000円が必要です。
 前々回ご参加いただいた方はカード引換券(仮カード)と申し込む塾ごとのカード料(各500円)を必ずご持参ください。

 
受付終了 ありがとございました。
 



「岡田スクールR」は不定期にいろんな場所で開講されるオープンスクール。
ゲームをクリアしていくとスコアが上がるように、
「スマートノート」「レコーディングダイエット」「4タイプ」などの
岡田斗司夫メソッドをより楽しんで学ぶためのリアル塾。
ネット時代の私塾です。 

岡田スクールR詳細につきましてはこちらの公式サイトを御覧ください。




otakingex at 11:00コメント│ この記事をクリップ!

コメント一覧(新規コメント投稿は、上のFacebookソーシャルプラグインをお使いください)