FREEexなう。

2012年11月24日

【落語2.0】君は見たか?抱腹絶倒の島本和彦伝説を!!

熱血時代_このインタビューはフィクションである。

――――島本先生、マンガ家生活30年おめでとうございます。

島本和彦先生:いやあ、ありがとう。(藤岡弘、風に)

――――「アオイホノオ」ではデビュー前の学生時代を描いておいでですが、先生はどうやってデビューしてマンガ家になったんですか?



島本先生:マンガ家にはね、アシスタントを経験してマンガ家になる人と、そうでない人がいるよね。アシスタントを経験した人は、先生の下でスケジュールの組み方やアシスタントへの指示の仕方、編集者との付き合い方などマンガ家に必要な様々なことを学べるよね。でも私はアシスタント経験が無かったから、そういったことを全く知らずにデビューしたからね。

――――では、どうやってマンガ家になったんですか?

島本先生:手塚治虫、石森章太郎、藤子不二雄。そういったマンガ家の伝説から学ぶしかないんだよ!! マンガに描いてあることは全部信じていたよ(笑)!!

――――(笑)具体的には何を学ばれたんですか?

島本先生:月産600枚じゃなきゃダメだ!!それまで寝ちゃいけない!!でも200枚が限界だった…。

こんな話を本当に聞けちゃったのが、2006年に行われたイベント「落語2.0」。

宇宙開闢亭爆発炎上落語2.0とは、「落語家じゃない人だって人前で面白い話ができれば噺家だ」と岡田斗司夫が始めた落語会。

(詳しくは以下のリンクをお読みください。)
 


僕が落語にこだわる理由(未整理版)

http://putikuri.way-nifty.com/blog/2006/11/post_451f.html

落語2.0宣言

http://putikuri.way-nifty.com/blog/2006/12/20_954e.html


島本先生が落語に挑戦し、「伝説」をテーマに語り尽くす貴重映像は、岡田斗司夫ブロマガチャンネルにて公開中!!


抱腹絶倒の島本和彦伝説をぜひご覧ください。

**************************************************************

ブロマガチャンネル価格    :月額525

メルマガ  :月4回・月曜発行予定

動画    :会員限定動画見放題
詳細はこちら お申込みこちら 



このチャンネルの収入は、FREEexのオリジナルコンテンツ制作費に充てられます。

岡田斗司夫とFREEexの活動をより活発にしていくために、皆様のご協力をよろしくお願い致します。 





otaking_ex_staff at 07:00コメント│ この記事をクリップ!

コメント一覧(新規コメント投稿は、上のFacebookソーシャルプラグインをお使いください)