FREEexなう。

2009年04月05日

ごあいさつ(初めての方へ)


岡田斗司夫の公式ブログ「岡田斗司夫なう。」へようこそ!
このブログでは、講演とか対談 僕の著作、イベン、放送、いろんなメディアの岡田斗司夫最新情報を、もれなく、すばやくお届けしています
僕が連載している朝日新聞の「悩みのるつぼ」の最新の内容も完全に掲載しています。
このブログさえチェックしていれば、岡田斗司夫情報はバッチリです!

■岡田斗司夫とは?

社会評論家。大阪芸大客員教授も兼任。

オタク文化評論家。オタキングの異名を持つ。

株式会社オタキング代表取締役。

■最近の興味の中心

「評価経済」という言葉が注目を集める中、ネット論壇を中心に著述・講演・対談活動を活発に展開中。

経済だけではなく、恋愛、結婚、家族、就職、政治など幅広い視野で現在の社会変化をとらえている。具体的で身近な例や、わかりやすいアナロジーをまじえ、マクロからミクロまで自由自在のフレームワークで展開される講演や対談が魅力。

1995年に発表した処女作「ぼくたちの洗脳社会」をリライトした「評価経済社会 ほくらは世界の変わり目に立ちがっているが、思想の核。17年経っても一切ぶれない理論に、評価が高まっている



■現在のメディア活動

朝日新聞の人生相談コーナー「悩みのるつぼ」(4週に一回)に連載中。(最新記事

雑誌によるインタビュー(バックナンバー)も多い。

ニコニコ生放送の番組「岡田斗司夫ゼミ」(月1回)放送中。
 



■近著

「お金」って、何だろう? 僕らはいつまで「円」を使い続けるのか?』 (光文社新書)、『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』(PHP新書)、『ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!』(徳間書店)、 「いいひと」戦略』(マガジンハウス)、『オタクの息子に悩んでます』(幻冬舎)、『評価経済社会』(ダイヤモンド)、『スマートノート』(文藝春秋)、『人生の法則』(朝日新聞)、『遺言』(筑摩書房)、対談本:『評価と贈与の経済学』(徳間書店)『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』(阪急コミュニケーションズ)など。

現在も、多数の単行本をFREEexメンバーと執筆中。

(著作の計売り上げ250万部以上) 
 amazonの著作リスト。 電子書籍リスト



クラウドシティ
岡田斗司夫のもと、理屈民族が集うSNS。年会費1万円(税込10,500円)。


ブロマガ:毎月500円(税込525円)プラン・・・ 岡田斗司夫ブロマガチャンネル 
岡田斗司夫の映像を見放題、音声聞き放題、文字起こししたテキスト読み放題のプランです。

メルマガ:毎月200円(税込210円)プラン・・・岡田斗司夫の必ず解決!ズバッと
岡田斗司夫があなたの悩みに必ず答えます!

メルマガ:無料プラン・・・・・・・・・岡田斗司夫の毎日メルマガ 解決!ズバッと
岡田斗司夫が、いろんな悩みや質問に、ガンガン答えます!

公式ブログ:岡田斗司夫なう facebook:個人ページ  facebook:ファンページ
mail:
gfg04070@nifty.com  ■twitter  ■Google+

プロフィール

岡田斗司夫(おかだとしお)

1958年、大阪市生まれ。(株)オタキング代表。

アニメ会社ガイナックス設立後、東京大学やマサチューセッツ工科大学の講師を経て、 大阪芸術大学客員教授に就任。

2010年に社員が給料を払うユニークなオタキングexを設立。

201112月、名称をFREEexへ変更。
2015年1月 FREEex代表を退任。新たな道を模索中。 


主なプロデュース作品:アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』『トップをねらえ!』、ゲーム『プリンセス・メーカー』など

  • 岡田斗司夫公式年表


  • 旧コンテンツ

      ・レコーディングダイエット2.0のススメ:旧レコダイ専門ブログ

      ・岡田斗司夫のゼネラル・プロダクツ:旧ブログ



    仕事依頼、問い合わせ
    岡田斗司夫およびFREEexへの仕事依頼については、岡田斗司夫にご連絡ください。
    連絡先は gfg04070アットマークnifty.com です。




    otakingex at 01:00コメント│ この記事をクリップ!
    ご案内 

    コメント一覧(新規コメント投稿は、上のFacebookソーシャルプラグインをお使いください)